雑 記

【ネット銀行】住宅ローン審査終了!【借入金、利率は?】

 

ひのまる
こんにちは!

ひのまるです!

 

長かった住宅ローンの審査が全て完了致しました。

やっと終わりました。。。

 

私は利率を少しでも抑えるためにネット銀行を選んだので、その分手続きが郵送のみで面倒でした。

が、後悔はしていません。

 

お金を節約するためなら多少の頑張りは必要なのです。

 

なお関連記事はこちらです。

参考までにどうぞ見てみてください。

 

今回の記事では私の住宅ローン事情について書いていきたいと思います。

お付き合い頂けたら幸いです。

 

ではいきます!

 

とある田舎サラリーマンの住宅ローン事情

住宅ローンどこから借りるか?

家を建てる際、まず初めにブチ当たったのがこの問題です。

 

真っ先に地方銀行は選択肢から外しました

私の住む田舎で言うと第◯銀行ですね

 

なぜなら

金利が高いから!!!

 

変動金利でさえ約0.9%

ここに保証料上乗せや団体信用生命保険を付帯するとさらに利率が上がります。

普通に金利1.0%を超えてしまうのです。。。

 

ひのまる
ちょっと考えられないぜ

 

いや、もっと安いところあるやろっ!と考えた私は「住宅ローン ランキング」でググることに。

そして次の2つの銀行に選択肢を絞り込みました。

 

住宅ローンおすすめ銀行

🌟auじぶん銀行

🌟住信SBIネット銀行

 

この2つを同時進行で審査を進めていきました。

 

・auじぶん銀行→三菱UFJ銀行

・住信SBIネット銀行→三井住友信託銀行

のように、それぞれメガバンクが出資してできた銀行なのです。

 

個人的には地方銀行よりメガバンクから借りたほうがメリットが大きいと感じます。

 

やはり利率の低さが魅力ですね。

前述した通り、地方銀行は金利が高いです。

 

もちろんメガバンクは審査が厳しいですが、転職経験無し・正社員10年目・クレカ信用情報に傷無しの私の場合、そこそこの利率で審査が通るのでは?と考えていました。

 

メガバンク落とされたら地銀に行くか〜くらいの気持ちでした。

 

借入額と月々返済額

結果的に住信SBIネット銀行

・借入額22,400,000円

・変動金利0.44%

通期引下げプラン

・返済期間35年

で契約することができました!

 

事務手数料2.2%火災保険料10年その他諸経費もこの金額に入ってます。

幸運なことに、土地は親戚から譲り受けました^^

 

ガンになったらローン残債が50%免除されるauじぶん銀行の方が良かったのですが、そこではどう頑張っても2,000万円しか借りることができなかったのでこちらとなりました。

 

ひのまる
もっと年収が高ければなぁ

 

でもまぁまぁ満足しています。

 

仮に金利がこのまま変わらなかったとして、

2,240万円×0.44%×35年+元金=25,849,600円

 

月々約61,547円

ボーナス払い無し

 

となります。

多少金利が上がったとして、

金利0.5%の場合→月々62,666円

金利0.6%の場合→月々64,533円

 

上がる可能性は少ないと思いますが、こうなったとしても許容範囲内です。

 

そしてボーナス払い無しは精神的にかなりデカイです!

ひのまる
丸々投資にまわそう

(投資家の鑑)

ほどほどにしてよね
嫁ちゃん

 

補助金について

住宅を購入すると、国から最大50万円すまい給付金を受け取ることができます。

 

収入に応じて金額が変わります。

私は満額の50万円受け取れそうですね。

嬉しいやら、悲しいやら。。。

 

そして市からも補助金を受け取れるみたいです。

 

計算したところその額なんと

120万円!!

 

すげー!!市すげー!!

ありがとうございます!

ありがとうございます!!

 

むしろこれがあったからこそ、住宅を建てようと決心したところでもあります。

 

嫁ちゃん
私が見つけたのだ!!
嫁ちゃんすごいよ!

ありがとね!

ひのまる

 

さいごに

 

補助金の合計170万円を加味すると、実質的な月々返済額は約57,500円になりますね。

 

住宅ローン減税の恩恵も13年受けれそうですし、最初に思っていたほど意外と負担は大きくないかもしれません。

 

引越ししたばっかで全然片付いていないのですが、やはりアパートに比べ部屋が大きいというのは良いものです。

人生がより良くなった気がします。

 

これから家を購入しようと考えてる方へ。

これからの時代ネット銀行はかなりおすすめです。

 

書類郵送などの手間に抵抗がなければ考えてみる価値があると思います。

 

金利差が0.5%あるだけで、返済総額がかなり変わってきますからね。

仮に借入金3,000万円の場合、

3,000万円×金利差0.5%×35年で525万円もの差がついてしまいます。

 

手間を取るか、500万円を取るか、もちろんこれは個人の自由です。

後悔の少ない選択肢を選びたいですね。

 

今回は以上となります。

参考にしていただけたら嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました!

 

-雑 記
-

© 2021 ひのまるブログ 投資で資産形成